家族構成・利用人数別/ソファの選び方や適したサイズとは?

部屋でくつろぐ際に快適なリラックスタイムを与えてくれるソファ。ストレートタイプやカウチソファなど、さまざまな種類がありますが、ソファ選びでは家族構成や利用人数なども重要なポイントです。ここでは1~4人用のソファについて、適したサイズやソファの種類についてご紹介します。

単身世帯など、1人で利用するソファ

ソファというと複数の家族で使用するイメージがありますが、1人用の製品もたくさん販売されています。1人で使用するのなら、ベッドと兼用できるものや折りたためるタイプがオススメです。サイズは幅が900mmもあれば快適にくつろげるでしょう。

1人暮らしならベッド化できるものが便利

1人掛け用の製品もたくさん販売されていますが、ワンルームや1Kなどの部屋で暮らしている方には、ベッド化できる製品だと特に便利です。いわゆるソファベッドと呼ばれるタイプで、これだとソファとベッドの2役を1つでこなしてくれるので、部屋が狭い場合は特にオススメです。普段はソファとして使用し、眠りにつくときだけベッドにできるので限られたスペースを有効に使えるのがメリットといえるでしょう。

また、折りたためるタイプの製品も適しているでしょう。一般的なストレートタイプのソファだとどうしても部屋のスペースを圧迫してしまいます。折りたためるタイプなら使わないときはコンパクトに収納できます。できるだけ部屋を広く使いたい方、部屋が狭くなるべく物を増やしたくない方にはこちらがオススメです。

ベッドは専用で使いたいという方ならば、1人掛け用のソファをチョイスしましょう。1人掛け用でもクッション性は高く、普通のイスよりもはるかに快適にくつろぐことができます。ソファの前に「オットマン」も用意しておけば、足を投げ出してゆったり座ることが可能です。/3くらいの大きさでも問題ありません。家族や友人などと、テレビを観ながら食事もしたいといったケースだと、ソファ幅を超えない程度でなるべく大きなものを選んでみましょう。

快適にくつろげるのは900mmサイズ

1人掛け用のソファもさまざまな製品が販売されており、いろんなサイズがあります。一般的に販売されているのがだいたい幅600mm~900mmくらいのサイズで、とりあえず座れればいいというのなら600mmサイズでも問題ありません。少しでもゆったりと座りたいのなら900mmくらいを選んだほうがよりよいでしょう。

600mmサイズを選んだ場合、普通のイスに座るような感じで使用することになりますが、900mmサイズだとクッションの上にあぐらをかいて座れます。また、大きな体格の方でも900mmあれば窮屈さを感じることも少ないでしょう。ゆったりと身体を預け、プライベートな時間をリラックスして過ごすことができます。

夫婦など、2人で利用するソファ

2人掛け用のソファはラブソファとも呼ばれています。カップルや夫婦で使うのに適したタイプで、大切な人と楽しくおしゃべりしたり、まったりとくつろいだりしたいのなら何よりも座り心地がポイントです。ゆったりくつろげるのは1500mmサイズが目安です。

2人で使用するのなら断然座り心地を重視

カップルや夫婦で使用するのなら、座り心地を重視して選びましょう。1人で使用するソファでも座り心地は重要ですが、2人で使う場合は自然とそこにいる時間も長くなるのでさらに重要になってきます。座り心地が悪い、クッション性が悪いとなると落ち着いたリラックスタイムが実現できません。

仲のよいカップルや夫婦なら、2人でソファに腰かけてテレビやDVDを鑑賞することも多いでしょう。また、つい長時間おしゃべりに花を咲かせることもあるはずです。2人でゆったりと快適な時間を過ごすには、クッション性がよく、座り心地のよいソファが必要です。

また、座り心地を左右するのはソファの構造ともいわれています。構造は大きく分けて、コイルスプリングやウェービングテープ、S字ばね、ウレタンなどに分けられます。座り心地のよさを重視するのならばS字ばね、もしくはコイルスプリングがよいでしょう。コイルスプリングは座り心地と耐久性を実現していますが、S字ばねのほうがよりしなやかな弾力を感じられます。

1500mmなら2人でもゆったりくつろげるサイズ

一般的な2人掛け用のソファだと、だいたい幅1100mm~1600mmくらいのサイズが多く販売されています。1100mmだと、2人で使用するには少々窮屈さを感じてしまうかもしれません。カップルや夫婦でゆったりとくつろぎたいのなら、1500mmくらいのサイズがあるとよいでしょう。

逆に部屋のスペースをソファに取られたくない、というならば1100mmくらいのサイズを選ぶのもありでしょう。カップルや夫婦で使うならば自然と身体が密着してもそこまで不快に感じることはないかもしれません。

幅だけでなく、奥行きがあるタイプだとさらにゆったりくつろげます。目安は820mm~890mmくらいです。ただ、奥行きが長くなるとその分スペースを圧迫してしまうため、設置場所には注意が必要です。生活動線にも関わってくるので、ほかの家具との兼ね合いも考えながら、可能であればできるだけ奥行の長い製品を選ぶと快適に使用できます。

子供がいる家族など、3人で利用するソファ

子供もいる3人家族となると、当然3人で一緒に座れる製品を選びたいところ。また子供が小さいご家庭ならば、ソファの上で飛んだり跳ねたりすることも考えられるので、耐久性があるローソファなどがオススメです。

耐久性と安全性を重視したソファ選びを

小さな子供がいる3人家族と仮定した場合、まず重要になってくるのがソファの耐久性です。子供が元気にソファの上で飛び跳ねたり、勢いをつけて飛び乗ったりといったことが考えられます。コイルスプリング内蔵のソファなら、快適性を維持したまま耐久性も高いので安心して使用できるでしょう。

小さい子供がいる家庭ならば、一般的な製品よりもローソファが断然オススメです。前述したように、元気いっぱいソファの上で飛び跳ねて遊ぶことも大いに考えられます。バランスを崩して転倒した場合、高さのあるソファだと硬いフローリングで頭を打ってケガをしてしまうことも考えられます。ローソファなら、座面が低いので比較的安心と思われます。

また生地に関しては、表の張地はフェイクレザーをオススメします。子供が飲み物や食べ物をこぼしてしまうことも考えられるので、それを考えるとメンテナンス性の高いフェイクレザーがよいでしょう。フェイクレザーなら汚れてもサッと拭きとるだけで掃除が可能です。そのほか、ソファカバーをかぶせて汚れを防ぐという方法もあります。

サイズは1800mm~2500mmあれば快適

3人で使うならば、1800mmほどの幅があれば十分快適性は保てます。よりゆったりと使いたいのなら、2500mmくらいの大きめサイズをチョイスするとよいでしょう。これくらいのサイズなら、たとえばベッド代わりに1人で寝転がってくつろぐこともできます。3人で並んで座ったとしても、窮屈さを感じにくいサイズです。

3人掛けくらいのサイズになると、リビングやダイニングなどに設置することが多いでしょう。どちらにせよ開放的な空間を維持したいので、それを考えるとできるだけ高さをおさえた製品を選ぶとよいでしょう。背の高いソファだと存在感が大きくなり、主張も強くなります。部屋での圧迫感も感じやすくなるので選ぶ時は注意が必要です。

逆にロータイプのソファだと安全性もあり高さもおさえられるので、一石二鳥といえるでしょう。具体的には、580mmくらいの高さだと開放感がキープできます。部屋をスッキリと見せる効果も期待できます。

子供や両親同居の家族など、4人以上で利用するソファ

家族が4人以上となると、大型のコーナーソファがオススメです。コーナーソファにストレートタイプを組み合わせてレイアウトするのもよいでしょう。4人以上に適したサイズとなるとかなりの大型になるので、空間に合わせたチョイスが求められます。

コーナーソファなら人数が多くても安心

コーナーソファとは、文字通り部屋のコーナーに配置できるタイプのソファです。リビングに配置することが多く、基本的に大型の製品が多いため4人以上の家族に適しています。レイアウトもしやすいので、上手にスペースを活かしたいと考えている方にもオススメです。

子供が複数人いるご家庭だと、リビングがいつもおもちゃで散らかってしまう、といったケースも珍しくありません。そんな時にオススメなのが、収納スペースも有するコーナーソファです。ソファの下部に引き出しスペースを設けた製品もあるので、これなら子供のおもちゃなども片付けやすくなります。単純に部屋の収納スペースを増やせるのは大きなメリットといえるでしょう。

3人掛け用でも先述したように、小さな子供がいるご家庭ならばロータイプをチョイスするのがよいでしょう。特に子供が複数人いる場合、ふざけてソファの上を走り回るようなことも日常茶飯事です。ロータイプのソファなら仮に床に転げ落ちたとしても軽いケガで済む可能性が高くなります。

空間に合わせたチョイスが重要

4人以上の家族にオススメと紹介したコーナーソファですが、もっとも大切なのは空間に合うものを選ぶということです。4人以上の家族であっても、リビングがあまり広くない場合には、ソファが邪魔になってしまう可能性もあります。10畳以上の広さなら問題ありませんが、それ以下だと部屋が狭く感じてしまいます。

単純に4人以上の家族だからコーナーソファとは考えず、部屋の広さも考慮した上で選ぶようにしましょう。場合によっては3人掛け用ソファを1つ設置し、いくつかオットマンを用意したほうがいいケースもあります。

また、使用する家族が多いということはそれだけ高い耐久性が求められます。コイルスプリング構造で、なおかつ張地に本革を使った製品なら耐久性はもちろん、座り心地も申し分ありません。メンテナンス性ではフェイクレザーに軍配が上がりますが、耐久性は本革のほうが上といえるでしょう。大型のコーナーソファともなると高価な製品が多いので、せっかく購入するのであれば、できるだけ長持ちしやすい本革をオススメします。